2021.06.17
導入事例

お客様の声:株式会社タカタ工業様 三菱ワイヤ放電加工機MV2400R

 

今回インタビューさせていただいたのは富山県富山市にある株式会社タカタ工業様です。

株式会社タカタ工業様は1984年に設立され、

㈱LIXIL、三協立山アルミ㈱、アイシン軽金属㈱、三和エクステリア㈱などの

アルミ形材プレス金型、アルミ形材ノンプレス金型

の加工をされています。

本サイトとご縁もあり、2021年3月に三菱のワイヤ放電加工機MV2400Rを増設されました。

本記事ではワイヤ放電加工機増設に至った経緯などをお伺いしました。

1.導入機種

三菱ワイヤ放電加工機 MV2400R

各軸移動量:X600×Y400×Z310(mm)

主なオプション:アングルマスターADVANCEⅡ(テーパー加工最大45°)

 

2.ワイヤ放電加工機を増設しようと思ったきっかけは何ですか?

既に所有していたワイヤ放電加工機は導入から10年が経ちます。

メーカーからは「10年経過すると精度が衰えてくるので機械更新されてはどうか」

とすすめられていました。

既存のワイヤ放電加工機は弊社に高度な加工精度をもたらし、

良く稼働してくれたと思っています。

しかし、ワイヤ放電加工機を使った加工は高精度かつ高度な加工を要求されることが多く、

使用頻度も多いので、最新の機械を増設することを検討し始めました。

 

3.なぜ三菱電機のワイヤ放電加工機なのですか?

ご縁があり放電加工機お役立ちナビさんから

三菱電機のワイヤ放電加工機をご提案いただいた際に

三菱電機の「サポート10」という保守契約をご紹介いただきました。

2年間無償で付帯(MV-R、MP、MXシリーズのみ)されており、

3年目以降は有償ですが、年間の保守契約料金が格安なのにも関わらず、

年に2回定期メンテナンスに来てくれるのに加えて、

純正消耗品の購入でポイントが貯まる制度も付帯されており、

充実した内容でした。

ワイヤ放電加工機を10年間使用してみて稼働期の定期メンテナンスの重要性を感じていた

弊社にとってはうってつけの保守契約でした。

また、定期的に三菱電機の加工技術者が既存ユーザーを巡回し、

加工技術支援をしているということも聞き、

今よりも高精度かつ高度な加工技術を身につけなければいけない弊社に

マッチしたメーカーさんだと感じたので、三菱電機のワイヤ放電加工機に決めました。

 

4.なぜ本サイト(放電加工機お役立ちナビ)から購入されたのですか?

お話を通じて様々なメーカーの知識が豊富であり、

生産設備を調査・比較して検討してくださいました。

さらに、生産設備の調達、維持管理に協力的であること、

問題の解決に耳を傾け、一緒に考えてくれる姿勢を鑑みて選ばせて頂きました。

 

5.導入して良かった点はありますか?

提案されたMVサポート10を契約することで急なマシンダウンの心配が軽減され、

アフターサービスが素晴らしく、ワイヤ放電加工機について安心して任せられるようになりました。

またリモートサービスRemote4Uのダッシュボード機能で稼働状況をいつでも

どこでも確認ができますし、

リモート診断機能で問題点を迅速かつ明確にメーカーに相談できます。

さらに、オプションのアングルマスターADVANCEⅡを搭載したことで、

広角テーパー加工において面精度、面粗さが今までよりも格段に向上し、

これまで出来なかった製品の加工が可能になりました。

 

6.実際に本サイト(放電加工機お役立ちナビ)から購入されて、良かった点はありますか?

購入する前は、購入後どのくらいアフターフォローがあるのかは分かりません。

実際に購入してみてお客様に寄り添った活動、お客様に最適な製品を供給するためには、

幅広い知識を勉強されている姿に良い印象を持ちました。

エンドユーザーに近い位置でお話いただき、顧客のニーズや市場動向にも敏感でした。

そういった姿から安心して任せられる環境になりました。

 

7.今後の展望

今後も本業である金型製造に使用していきます。

新人の教育と多台持ち化により、人手不足の解消及び技術力格差の是正による、

一人当たりの生産性向上を目指しています。

これまで熟練工の技術・技能に頼っていた加工の継承、旧機械のリプレイス、

自動化システムも視野に入れていかなければなりません。

しかし、技術のIT化が進んでも、結局のところそれら最新機器やソフトウェアを

使うのは「人」です。金型製造においても、

どんなにNC加工機の精度が向上したとはいえ、

機械の加工精度はまだまだ「人」には勝てません。

熟練技能者が今まで蓄積してきた「設計・製造のノウハウ」と「加工技術」を

IT・IoT・AIを活用した最新機器と上手く組み合わせて継承していきます。

「シンプル・イズ・ベスト」の理念を基に、

時代のニーズに合ったテクノロジーを取り入れ、

優れた製品を生み出し社会へ貢献したいと考えております。

8.放電加工機お役立ちナビ担当者からのコメント

株式会社タカタ工業様は常にチャレンジされているユーザー様と感じました。

お付き合いさせていただいた当初から

従来機では困難な広角テーパー加工を可能にしたいとご相談を受けていました。

サンプル加工を行った際も、もっと良い加工でもっと効率的にできないか

などのご要望をいただき、チャレンジ精神を感じました。

今後もその”チャレンジ”にお応えできるようにお手伝いをさせていただきたいと思っています。