2021.10.19
導入事例

お客様の声:株式会社N様 三菱ワイヤ放電加工機MP4800

今回インタビューさせていただいたのは株式会社N様です。

株式会社N様は機械部品加工を得意とされており、

保有されている機械は

測定器/マシニングセンター/旋盤・フライス加工機/ワイヤ・形彫放電加工機/

研削盤・研磨機/レーザー加工機/溶接機

とあらゆる加工に対応できる機械加工のスペシャリストです。

本サイトとご縁もあり、2020年に三菱のワイヤ放電加工機MP4800を購入されました。

本記事ではワイヤ放電加工機購入に至った経緯などをお伺いしました。

 

1.導入機種

三菱ワイヤ放電加工機 MP4800

各軸移動量:X800×Y600×Z220(mm)

※Z軸超高精度仕様の為、Z軸の移動量が標準のものと異なります。

 

2.ワイヤ放電加工機を購入しようと思ったきっかけは何ですか?

弊社では様々な要求精度、様々なワークの大きさに対応できるように、

様々な機械を幅広く所有しています。

ワイヤ放電加工機についても例外なく所有していました。

ある時、弊社のお客様から

「440mm×440mm以上の社内専用治具の需要が高まっており、

それは消耗品ということもあり、

供給が追いついていない」

というお話を伺いました。

内容を聞くとこれからさらに需要が高まる内容のものでした。

しかし、弊社のワイヤ放電加工機の最大ストロークは600mm×400mmで、

その社内専用治具を加工することができませんでした。

この時点では社内専用治具の加工のお仕事を受注していませんでしたが、

需要が高まることを確信していたので、専用治具が加工ができる

ワイヤ放電加工機の購入を本格的に検討し始めました。

 

3.なぜ三菱電機のワイヤ放電加工機なのでしょうか?

理由は主に2つです。

1つ目は弊社のワイヤ放電加工機/形彫放電加工機/細穴放電加工機が

三菱電機で揃っているからです。

同じ種類の機械についてはメーカーを揃えることでどのオペレーターでも操作がしやすく、

最新のワイヤ放電加工機を導入しても

立上げがスムーズになることがメリットと考えました。

2つ目は購入前後のフォロー体制が充実しているからです。

三菱電機は加工機の購入検討をしていなくても普段から加工相談に乗っていただき、

弊社から相談をしなくても定期的に加工技術者と訪問され、

加工技術指導までしてくれます。

また、修理サービス会社の拠点が同じ県内にあり、

故障した際にもすぐに対応いただけるので安心感があります。

保守契約の関係で定期的にサービスマンの方が来られますが、

どの方が来ても満足のいくサービスを受けられるので、その点も安心しています。

他の種類の機械で違うメーカーとのお付き合いもありますが、

三菱電機のフォロー体制はトップレベルです。

 

4.MP4800を購入して変化はありますか?

当然のことながら購入するきっかけになった

お客様の社内専用治具が加工できるようになりました。

その加工は受注はしましたが、まだ需要が上がってきていないので

加工自体は多くはありませんが、生産体制がとれたことはお客様の信頼獲得につながりました。

その他にも、違う種類の小物ワークを一度に加工できるようになり、

効率よく加工ができるようになりました。

今までは、機械1つにつき1種類の加工を段取りして加工をしていましが、

これだけ大きなストロークの加工機ですと複数種類段取りできるようになり、

かなり効率があがりました。

このようなことができるのは、

機械ストローク全体で高精度な加工ができる

三菱電機の加工機の素晴らしさがあってのことです。

 

5.実際に本サイト(放電加工機お役立ちナビ)から購入されて、良かった点はありますか?

購入後のフォローについては前述したように大変満足しています。

今回のワイヤ放電加工機の購入は検討段階では購入するか微妙だったのにも関わらず、

親身になって相談に乗ってくれたことが印象的で良かったです。

検討段階で想定している加工図面をお見せしましたが、

その図面をもとに加工に必要な機械、治具、オプションを選定いただき、

本格的な検討開始を後押ししてくれました。

 

6.放電加工機お役立ちナビ担当者からのコメント

株式会社N様はとても義理堅いお客様です。

本サイトとのお付き合いは昔からあります。

私が担当になったのは数年前ですが、

前任の担当者からも義理堅いということは聞いていました。

頼っていただいた際には全力でサポートさせて頂きます。

するとそのサポートした分以上に本サイトにお返しをしてくれます。

また、常に最先端の加工技術をお持ちだという印象があります。

今回記事にしたワイヤ放電加工機でもそうですが、

先行して設備投資を行い、その設備投資が的を得ており、

着実に成長されているお客様だと思います。

これからもその成長をお手伝いできるように全力でサポートさせて頂きます。